スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

36.Nさん

36回目の『いわきの生の声』を掲載しました。今回は『Nさん』が書いてくれました。


『帰省するんだ。いわきって(放射能は)大丈夫なの??テレビ見てると福島県全部やばく見えるよ』

という、とある友人の言葉に、先日ショックを受けました。心配してくれているんだろうし、こういうイメージを持たれることは、仕方のないことだと思いますが、実際にそう言われてしまうと残念な気持ちになりました。


震災の影響で、福島第一原発が爆発してから、いわきでも原子力災害が他人事ではなくなってしまいました。

このような大事故が起こるなんて思いもしなかったので、放射能のことは分からないことばかりでした。初めは、本当に怖くて仕方ありませんでした。人体に本当に影響はないのか。いつかは病気になってしまうのか。心配は尽きず、テレビを見ながら福島の将来はどうなるのかを考えていました。しかし、放射能について、報道や本で取り上げられるようになり、家族も私も少しずつ冷静に理解するようになりました。

そして、私の家族もいわきから出ずに過ごしてきました。

震災から約1年になる今、いわきの放射線は、福島県内でも低線量で落ち着いており、平常通りの生活を送っています。

しかし、私の実家は、代々受け継がれてきた農業が、大きな打撃を受けています。

福島産の野菜は、福島産というだけで、価値が下がるそうです。私の家族は、市場へ出荷していますが、例年の半値にしかならないそうです。原木しいたけも、毎年育てていましたが、今年は全然売れないようです。

最近、近くの公民館に、食べ物の放射性物質を測る機械が来たそうで、少しずつ野菜を持っていって測ってみても、今までに基準値を超えたものは無いそうです。お米も、私の地区では不検出となり一安心というところです。

でも、実際のところは、生産者側が安全だから売ろうと思っても、需要が無ければ残念な気持ちになりますし、価値も下がってしまいます。
一方で、出来る限り遠い産地の野菜を食べたくなる消費者の方の気持ちも分かります。

しかし、それでも[福島産だから]という理由で、福島を否定して欲しくないのです。

そのためには、買っていただく方に信頼していただけるように、確実に安全なのかを生産者側でもしっかりと調べて理解して、消費者の方々に誠実に販売する必要があると思います。


これからも、うちの実家では、今まで通り、野菜や米の生産を続けていくと思います。それは、食べてくれる人がいる限り続いていくと思います。今まで、親戚にも野菜を送ったりしていましたが、福島産ということを気にされないか不安もありました。しかし、気にせずに野菜をもらってくれたりすると、うれしい気持ちになります。

うちの野菜は、無農薬で体に良いのが売りです。農家というのは、それぞれのこだわりや思いをもって、生産をしていると思います。

その思いを大切にして、いつかいわきの野菜が、日本全国の人に愛されるようになるよう願っています。


今回の震災で、いわきは、地震・津波・原発・風評の4大被害に遭い、多くの人々が悲しみや苦しみを抱えていると思います。しかし、それぞれがそれぞれの壁を乗り越えて頑張っていると思います。私は、そういう人の力になれる人になれればと思っています。

近々、ハワイアンズが完全復活するそうです。故郷の復興が、少しずつ前に進んでいるんだという兆しのような気がします。

是非ともたくさんの人にいわきを愛し、これからも応援して頂ければ幸いです。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。