スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

17.Aさん

17回目の『いわきの生の声』を掲載しました。
今回は『Aさん』が書いてくれました。


今回、私はいわき市の食の現状について、書きたいと思います。

私の母は、いわき市で栄養士として働いています。

あの日、震災が起こるまでは、地産地消を目指して、いわきの食材を積極的に使
用し、それにもとづいた食育も行われていました。
しかし、原発事故による放射能汚染が状況をガラッと変えてしまったのです。

保護者の心情を考えれば、いわきの食材は絶対に使用できませんし、むしろいわ
きからなるべく遠い所から取り寄せるようになりました・・・
そして、今学期から中学校の給食が無くなり、弁当制になったそうです。

美味しいいわきの野菜やお米。
私達が中学生のとき、心待ちにしていた給食。

あの日の前には当たり前の様に味わっていた故郷の食材を、安心して食べられる
日が再び訪れるのでしょうか。
今は、全く見通しが付かない状況です。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。