スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

41.Mさん

41回目の『いわきの生の声』を掲載しました。今回は『Mさん』が書いてくれました。


震災から一年が過ぎました。

2011年3月11日、私は仙台で被災し、たくさんの被害を目の当たりにしました。


震災直後私は、原発の影響でとある町からいわきに避難してきた方が集まる避難所へボランティアに行きました。

そこで見たものは私が仙台で経験した避難所の生活とは異なっていました。

ある高校の体育館に入りきらないくらいの人が入らざるを得なくなり、足も伸ばすことも出来ず正座や体育座りをして毛布をからだに巻いて暖をとっていました。

その現状を目の前にして何もしてあげられない自分に情けなさやふがいなさを感じたこと、一生忘れません。


現在のいわきといえば、
ハワイアンズやアクアマリンも再オープンし震災前のいわきに少しずつ戻ってきてるのではと思えます。

しかし、沿岸部のいわきはまだまだ復興にむけて頑張っている途中です。

時間も費用も体力、気力もかかると思います。


リトルいわきで中心に動いているメンバーの大部分は今春で社会人第一歩を踏み出すという方が多いです!


いわきを離れた人は、いわき市民がこれから
福島県のいわき出身です!
と堂々と主張できる社会を作ってほしいです。

そして東北に残る人は、復興に直接働きかけられるような人間にひとりひとりがなってほしいです。

このことは私だけではなくおそらくみんなが考えていると思います。

こうしてひとりひとりが震災の記憶を胸に刻み、協力しあって、いわき、福島、東北がこの壁を乗り越えてよりよいまちになるように心から祈ります。
スポンサーサイト
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。