スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10.N町のTさん

10回目の『いわきの生の声』掲載しました。

『N町Tさんより』

1000年に一度の大地震。震災から、4か月。この先に不安はあっても、生きていかなければならないことには変わりはない。現在も放射能に脅えながらの生活を送っているが、最も心配なのはいわきにいる次世代の子供たちが今後どうなっていくかである。
安心して住める環境になるにはどれくらいかかるのだろうか、今の原発に対する政府の対応、役所の対応、双方が何をしているのだろうかと思いつつも、ただただ安心して過ごせる日がくるのを待つしかない。
日本は安全第一で取り組んできたが、起こりうる万が一の出来事に対して、何かが起こったときどうするのかをもっと考えなければならない。国全体として、また、個人が普段から備えをもつことの大切さを常に意識することが今後必要ではないだろうか。
いわき、またいわき以外の地域でも放射能の影響で多くの食品が風評被害に遭っているが、農業、漁業、その他の食品に関わる方々は本当に大変な思いをしている。地産地消を念頭に、地元のものを、福島県産のものを買うようにして、少しでも地元の復興に協力をしたいという気持ちでいっぱいである。
今は、前を向いて進んでいくしかない。それぞれがそれぞれの場所でできることに、一生懸命になることが一番であると思う。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。